強力な日焼け止めは肌によくない?

公開日: 

日差しが憂鬱な季節に欠かせない日焼け止め。今はいろいろなタイプのものが発売されていますが、正直どれを選んで良いのか迷ってしまいます。

日焼け止め効果はきちんと欲しいけれど、お肌へのやさしさを考えると強力なものを使うのはちょっと不安…。

今回はそんなご質問にお答えしました。

スキンケア・女性

Q: 強力な日焼け止めは肌によくない?

はじめて質問させていただきます。

ずーっと白肌好きな私は、夏でもとにかく絶対焼きたくない派です。

毎年がっつり紫外線を防げるものを買ってヘビロテするのですが、友達に「それって肌に悪くないの?」と聞かれてハッとしました。。。

今までは深く考えずに日焼けしなさそうなものを選んでいたんですが、強力な日焼け止めほど肌によくないみたいなことってあるんでしょうか?

A:中には刺激が強いものもあります。気になるようなら、お肌にやさしいものを。

ご質問ありがとうございます。

おっしゃる通り、白肌さんにとって日焼け止めは必需品と言えますよね。

強力な日焼け止めすべてが肌によくないというわけではありませんが、中には少しお肌に刺激の強いものもあります。

日焼け止めに使われている成分についてのお話やおすすめの日焼け止めなどをご紹介させていただきたいと思います。

日焼け止めに使われている紫外線吸収剤・紫外線散乱剤って何?

日焼け止めの多くには、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤のどちらか、もしくは両方が使用されています。この2つはどう違うのかご存じでしょうか?

紫外線吸収剤とは、紫外線を吸収し、熱・赤外線などといったエネルギー物質に変化して放出させるものです。

一方、紫外線散乱剤とは、紫外線を反射・散乱させて皮膚に届きにくくさせるものです。

紫外線吸収剤は自らが紫外線を吸い取ることで肌を守るのに対し、紫外線散乱剤は紫外線を散らして肌をガードするイメージです。

紫外線吸収剤の特徴

紫外線そのものを吸収するため、紫外線散乱剤よりもUV効果は高くなります。しかし、UV効果が高い分、肌への負担も散乱剤に対して大きくなる傾向にあります。

吸収剤自体は無色透明で他の分子と結びつきやすいという特性を持っており、使用した日焼け止めを肌に塗った時の感触が良くなる場合も多くなっています。

紫外線散乱剤の特徴

紫外線を反射させて穏やかに肌を守るため、吸収剤よりUV効果は劣りますが、肌への負担は軽くなる傾向にあります。

散乱剤には白色の粉末を使用するため、製品によっては肌に塗った時に白く浮いて見えることがあります。

心配なのであれば…「スキンケアできる日焼け止め」を!

日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤・散乱剤の特徴をご説明しましたが、どちらにもメリット・デメリットがあるということがお分かりいただけたでしょうか。

UVカット力を取ればお肌に負担がかかってしまうし、お肌への負担の軽さを取ればUV効果に不安があるし、白浮きの心配も…。

ますます迷ってしまうという場合は、こんなラインナップから日焼け止めを選んでみるのはいかがでしょう?

ゲル・ミルク・スプレー・クリーム・パウダーと種類豊富なドクターシーラボのUVケアシリーズです。毛穴・肌のハリ・フェイスラインなどアイテムごとにケアしてくれるポイントも違う上、紫外線吸収剤フリーのものや白浮きしにくいものなども展開しているので、きっと相性の良い日焼け止めに出会えるはず。もちろん、いずれもUV効果はバッチリです。

どの商品もお肌に優しい処方になっていますが、よりマイルドな使い心地をお好みであれば低刺激のUVミルクや赤ちゃんにも使えるベビーUVクリームをチョイスすればさらに安心です。

しっかり紫外線をカットしながらスキンケアするという一歩進んだ日焼け止め、ぜひお試しになってみてくださいね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
バナー原稿imp
PAGE TOP ↑