顔以外にもオールインワンゲルは使えるの?

公開日: 

洗顔後のケアがたった1つで済んでしまう、便利なオールインワンゲル。

それだけでも十分に便利な存在ですが、実はもっと他の使い道もあるんです。顔やデコルテに塗るだけじゃないの?と思った方は、ぜひご一読ください。

ビューティーイメージ

Q: 顔以外にもオールインワンゲルは使えるの?

こんにちは。なるべく早めに回答いただきたいのですがいいですか?

来月2泊で旅行に行く予定があって、なるべく荷物を減らそうと考えています。化粧品類は特にかさばるのでどうにかしたいんですが、ひじやひざの乾燥が気になって保湿クリームが手放せない状態です。

ふと思ったんですけど、オールインワンゲルを顔じゃないところに使うのってダメなんですか?顔と体のお手入れが1コで済めばすごく嬉しいんですけれど。

A:もちろん使えます。

ご質問ありがとうございます。ご旅行、ぜひ楽しんでいらしてください!

オールインワンをお顔以外に、というお話ですが、もちろんOKです。使うと効果的な部分や、使い方のコツなどがありますので、ご紹介させていただきます。

顔以外に使っても平気な理由

顔は全身の中でも皮膚が薄く、デリケートです。また、もっとも人目につきやすい箇所でもあります。そのため、顔に使用する化粧品やスキンケアアイテムは、配合する成分や肌への刺激の少なさなどに細心の注意をはらいながら開発されています。

つまり、顔に使えるということは、体の他の部分に使ってもOKということ。

皮膚が弱い、アレルギーがある、ケガや異常のある個所がある、などの場合は自己判断をせず、皮膚科医に相談してから使用するようにしてくださいね。

コスパ面では?

顔以外に使えると言っても、気になるのがコスパ。オールインワンゲルは顔に使用して1~2ヶ月持つぐらいの容量になっている商品が多いため、毎日体全体に使っていてはすぐになくなってしまいます。

定期購入や会員価格などで割引があったとしても、体にたっぷり使う分までオールインワンゲルを買い続けるのは負担に感じるかもしれません。

使う部分・タイミング・方法を工夫するのが吉

そこで、顔以外にオールインワンゲルを使う場合、特に保湿が必要な部分に限定して使ってみてはいかがでしょうか?ご質問者様がおっしゃっていたひじ・ひざやかかとなど、皮膚が硬くなってしまいがちな部分にピンポイントで使う分にはゲルも少量で済み、角質への効果も期待できます。

さらに乾燥がつらい時には、ゲルを塗った部分をラップでくるむと保湿効果がさらにアップします。この方法は、ひじ・ひざ・かかと以外にも手や指先、髪の毛先などにも使えます。

 

オールインワンゲルの持つ肌へのやさしさと保湿力、ぜひお顔以外にも生かしてみてくださいね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
バナー原稿imp
PAGE TOP ↑