オールインワンゲルはべたつくので苦手なのですが。。

公開日: 

お肌に直接つけるものだけに、スキンケアアイテムの“感触”って、意外と大事なポイントだったりします。さっぱりタイプ、リッチタイプ、こっくりタイプなど、それぞれに好みがあると思います。

テクスチャーのタイプも、水分の多いタイプ、クリームに近いタイプ、弾力のあるタイプ…とさまざまです。

どんなタイプのテクスチャーであっても、使い心地の面であまり好まれないのが「べたつき」。確かに、気持ちのいいものではありませんね。

今回はスキンケアをしていて生じてしまうベタベタ感についてのご相談をいただきました。

考える女性

Q: オールインワンゲルはべたつくので苦手なのですが。。

高校生の時から化粧水+乳液というお手入れに慣れていて、最近オールインワンゲルに切り替えてみました。

口コミで評判のいいものを選んだのですごく期待していたものの、私はゲルのべたつきがちょっと苦手みたいで困っています…。肌に合わないのでしょうか?元のお手入れに戻すべきでしょうか?

A:べたつきを軽減するほんのひと手間、ぜひ実践してみてください!

ご質問ありがとうございます。

わたしも今でこそオールインワン愛用者ですが、最初に使った時にはベタベタ感が気になっていたものでした。

お肌に合う合わないの問題もありますが、まずはべたつきを防ぐ塗り方を試してみませんか?せっかく購入されたオールインワンを手放してしまうのは、それからでも遅くないはずですよ。

オールインワン、塗りっぱなしにしていませんか?

たったひとつでスキンケアが済んでしまうオールインワン。そのお手軽さには毎日大助かりです。

けれど、果たして正しい使い方ができているでしょうか?ささっとお肌に乗せて、はいお手入れ完了!なんてことになっていませんか?

ゲルとお肌のキューピッド。上手に使いたいそのアイテムとは…?

オールインワンはお肌にきちんと浸透させることで初めて本来の役割を発揮してくれるもの。なんとなく塗り広げるだけなんて、もったいない!

そこで、とっておきのアイテムが活躍してくれます。

そのアイテムとはずばり、わたしたちの“手”。

お肌にまんべんなくゲルを伸ばしたら、手のひらでやさしくおさえるようにしてみてください。丁寧にプレスすることでゲルがお肌に密着し、べたつきや肌浮きを防いでくれます。

このワンクッション、ぜひお忘れなく。

ハンドプレスにはこんな効果も!

大抵のゲルはひんやりとした肌触りをしていますね。しかし、手のひらでじっくりプレスしてゆくうちに、だんだんと温まってきます。

すると、手の体温の働きで、美容成分がより浸透しやすい状態を作ることができるのです。まさに一石二鳥ですね。

ゲルの種類によっては、手のひらで温めてから塗った方が効果的なものもあるので、まずは使用方法などをよく読んでから実践してみてください。

使用量を勝手に減らすことは避けて

べたつきを嫌うあまりゲルの使用量を減らしてしまう人がいますが、それはNG。

適切な量を守って使わないと、本来見込まれている保湿効果や美容効果が半減してしまうことにもなりかねません。

使用量を減らすのではなく、お肌にきちんとなじませ、浸透させることでべたつきを解消させるようにしましょう。

それでもどうしてもベタベタ感が気になる場合や、オールインワンをメイクの下地として使用したい場合などは、軽くティッシュオフするのも一つの方法です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
バナー原稿imp
PAGE TOP ↑