ゲルのファンデーションってどんなもの?

公開日: 

カラーバリエーションだけでなく、リキッド、パウダー、練り状など、その形状も豊富なファンデーション。

お顔の一番広い範囲に塗るものだから、選び方には特に慎重になってしまうもの。

今回は、そんなファンデーションの中でも特に個性が光るアイテムについてご質問をいただきました。

メイク中の女性

Q: ゲルのファンデーションってどんなもの?

趣味友とたまたまメイクの話題になった時に、「ゲルファンデ」という言葉を聞きました。

その時は適当に話を合わせてしまったのですが、ひょっとしてゲルのファンデーションみたいなものがあるのでしょうか?もしそうなら、使ってみたいです。どんなものか詳しく知りたいので教えてくださいませんか><?

A:ゲルの特性を生かした、今話題のファンデーションです。

ご質問ありがとうございます。

ゲルファンデ、一度耳にしたらどうしても使ってみたくなる語感ですよね!

実は、ゲル状だからこそ実現できたあれこれがたくさん詰まったお役立ちファンデなんです。

特長、使い心地、ポイント…などなど、詳しくご紹介してゆきますね。

“軽さ”と”カバー力“の両方を持っているのは、50%以上が水分だから!

ゲルファンデはテクスチャーの50%以上が水分でできているため、つけ心地がとにかく軽いんです。また、伸びとカバー力も抜群に良いので、気になる部分にもしっかり伸びてカバーしてくれます。

軽さを取るとカバー力が足りず結局コンシーラに頼らなければいけなかったり、カバー力を取るとぼってりしたつけ心地になってしまったり…といったお悩みを持っている人の強い味方になってくれることでしょう。

お肌と相性ぴったりの生コラーゲンが潤いを逃がしません

ゲルファンデーションに配合されている成分の中でも特に優秀なのが“生コラーゲン”です。

生コラーゲンは人体にもともと存在するコラーゲンと同じ構造を持っているため、肌との相性がとても良く、潤いキープ能力に優れています。

生コラーゲンの他にもハリ感をアップさせる成分やエイジングケア成分などもたっぷり入っているため、メイクをするというよりスキンケアをするような感覚で使えそうなのも嬉しいところですね。

ファンデーションをゲルにした、その『理由』

このファンデーションの素材となっているゲルには大きな特長があります。

それは、肌の保湿成分とよく似た構造であるということ。人体のコラーゲンと同じ構造の生コラーゲンが肌と相性が良いように、こちらも当然のように肌によくなじみ、保湿力も高いゲルであるというわけなのです。

また、ゲルには常に表面をフラットに保とうとする性質があるため(オールインワンを指やスパチュラですくっても、すぐに元通り平らになりますよね?)、毛穴や小ジワのカバーにも向いています。

軽いつけ心地のツルンとした潤い肌が続く…ゲルファンデーションは、そんなご機嫌な一日をかなえてくれそうですね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
バナー原稿imp
PAGE TOP ↑