リンパマッサージに使いやすいオールインワンゲルは?

公開日: 

疲れや冷えは一年を通して女子の大敵ですよね。

それらが蓄積してしまうと、リンパが滞って不調や老化の原因ともなってしまいます。

そんな時に実践したいのが、リンパマッサージ。

とても良いタイミングでご質問をいただいたので、ゲルのタイプやメソッドのおすすめをご紹介してゆきたいと思います。

エンリッチゲルテクスチャ

Q: リンパマッサージに使いやすいオールインワンゲルは?

顔のリンパマッサージを始めようと思い立ったアラサーです、こんにちは*^^*

マッサージ用のジェルってたくさん売ってますよね?だったらオールインワンゲルを使ってもいいんじゃないかと思ったんですが、それってアリですか?

ついでにどんなものを使ったらいいのか教えてもらえるともっとありがたいです♪

A:指とお顔の潤滑剤になるようなものが◎

こんにちは、ご質問ありがとうございます。

もちろん「アリ」でございます!

どんなテクスチャーのものがリンパマッサージに向いているのか、ご紹介させていただきますね。

伸びの良さ

リンパマッサージはやさしい力加減で行うのが基本です。

伸びの良くないテクスチャーのゲルをマッサージに使うと、指に余分な力が入ってしまう原因になります。

リンパマッサージにもお使いになる前提でオールインワンゲルを選ぶときには、指の腹で広い範囲に伸ばしてみて、伸びの良さを確かめてみると良いですね。

すべりの良さ

すべりの良いゲルを選ぶことも大切なポイントです。

「伸びの良さ」とも重なる部分がありますが、すべりの悪いゲルだとマッサージの途中でお肌に突っかかったようになってしまい、その部分だけに余計な圧力がかかってしまったりします。

すべりの良いものを使うことで指の動きがスムーズになり、マッサージ効果アップもねらえます。ぜひ、するすると指を運んでくれるゲルを選んでください。

適度なこっくり感

上の2点と矛盾しているように思われるかもしれませんが、あまりさらっとしすぎているゲルはおすすめできません。

なぜかというと、あっさりしたゲルはなじみも良いので、すぐにお肌の表面がさらっとした感触になってしまいがちだから。うるおいの少ない状態でマッサージを行うと、摩擦が生じてお肌の負担になってしまいます。

お肌が乾かないように付け足せばいいんじゃないの?という考えもあるのですが、マッサージには一連の “流れ” というものがとても大切です。

こまめに付け足すという行為は、その “流れ” を止めてしまうことにもつながるので、なるべく避けたいものです。

そのためには、適度にこっくり感のあるゲルを選んでみてください。

お肌がずっとうるおった状態でマッサージができる上に、使う量もセーブできるので、一石二鳥ですよ。

“流れ”の他に “順序”  “方向”も大事です

リンパマッサージには “流れ” が大切というお話をちょっとだけさせていただきましたが、“順序” と “方向” も間違えてはいけない要素です。

体の中をリンパがどの方向に流れているのか、どんな順序でマッサージをすればよいのかということを把握した上で、どれだけスムーズな流れでマッサージを行うことができるか…。

わたしたちはお医者さんでもエステティシャンでもないので、最初から全部覚えるのは無理ですよね。

たるみを防いでフェイスラインをすっきりさせてくれる、とても簡単なマッサージ方法をご紹介しますので、ぜひお試しになってみてください。

お顔とデコルテで一日3分、これなら実践できそうですよね。モデルさんのやさしい力加減などもよく分かるので、参考になるのではないかと思います。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
バナー原稿imp
PAGE TOP ↑