お化粧品に入るアルコールの役割は?

公開日: 

「化粧品にアルコールが入っている」と聞くと、どんなイメージが浮かぶでしょうか?

長持ちしそう?ちょっとひりひりしそう?

アルコールフリーの化粧品もたくさんある中で、なぜあえてアルコールを添加する製品があるのでしょう。

研究イメージ

Q:お化粧品に入るアルコールの役割は?

普段使っているお化粧品のラベルをなにげなく見ていたら、「アルコール」の文字がありました。

これって、アルコールが入っているということですか?もしそうだとすれば、何のために入っているのですか?

A:清涼感を出したり、品質を保持したり。まずは正しく知りましょう。

化粧品に配合される“アルコール“とは、おもに「エチルアルコール」のことをさしています(「エタノール」と記載されている場合もあります)。

お化粧品に入っている場合は、きちんと理由や役割があるものです。

では、詳しく見てゆきましょう。

いろんな場でおなじみの「エチルアルコール」

「エチルアルコール」というと何やら科学的な響きですが、いわゆる、日常生活の中で見かける”アルコール“です。

化粧品に入れる場合は、肌につけた時に気持ちのいい清涼感を出すためというのが大きな目的となっているようです。

注射や点滴の前にアルコールを含んだ綿で消毒をされた時のスーッとする感触を思い出していただければわかると思います。

また、エチルアルコールは、いろんな物質ととても仲良し。

つまり、水や油だけでは溶けにくいような成分や香料なんかを化粧品の中に上手に溶かしてくれるんです。

それと、「防腐・殺菌」という大切な役割もあります。

手や指で肌と容器の往復を繰り返すうちに雑菌が繁殖してしまったり、

保管場所の温度や湿度の変化などによって品質が劣化してしまったりすることを防ぐ働きをしています。

確かに…お酒に漬け込んだ果実なんかも、とても長く日持ちしますものね。

その他、「アルコール」「エタノール」と名の付くものたち

お化粧品の成分表示をよく見ると、「○○アルコール」「○○エタノール」と表示されているものがあったりします。

これらは何者でしょう?

難しいお話は省きますが、化学構造上「○○アルコール」「○○エタノール」と呼ばれているだけで、

先にあげた「エチルアルコール」とは違う性質を持つ、別の成分なのだそうです。

せっかくなので、これらの役割も簡単にご説明します。

「○○アルコール」と名の付くものは製品を乳化させたり粘質を出したりすることが多く、「○○エタノール」は防腐剤として使われることが多いようです。

まとめ

お化粧品に入っているアルコールの種類と役割をざっと見てみました。

アルコール添加というだけで拒否反応を示すのではなく、アルコールの持つ役割をきちんと理解し、用途に合わせて選ぶことが大切だということですね。

なお、他の成分にも言えることですが…特にアルコール類は人によっては刺激や肌荒れの原因となってしまうケースもあります。

敏感肌の方や不安な方は、パッチテストを行う、医師に相談してから使用する、などの対策を取られることをおすすめします。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
バナー原稿imp
PAGE TOP ↑